So-net無料ブログ作成

買取業者による査定を控えて車体についた傷をどう

買取業者による査定を控えて、車体についた傷をどうしたらいいか思い悩む人もいるようです。
わずかな傷で自分で直せるようなものは、直しておくにこしたことはありませんが、別に修理に出さなくても問題ないです。
所以は時間とお金をかけて傷を直し、それで査定額がプラスされたとしても100%ほぼミスなく修理にかかる金額の方が大きくなるからで、そこそこ大きな傷は直さずにその状態であまり気にせず査定を受けてしまいましょう。
中古車査定と下取りを比べてみた場合、下取の場合が勝っていると思う人も多くいるかと思われます。
結(ゆう)のCooperBLOG
たしかに、下取りであれば、購入予定の車を今の車の下取りで、新車代金からディスカウントできますし、買取りの手続きも購入の手続きも一度にまとめて行なえるので便利です。
ですが単に売値に限ってみてみると、車査定の方が高いためす。
車を売る際に買取と下取りを選ぶなら、高く売りたいと考えるならば買取りです。
下取りは買取りよりも安価な価格で手放さざるを得なくなるのです。
下取りでは評価されない部分が買取においてはプラスになることも多いです。
中でも事故車を売る際は、下取りだと非常に低評価となり、逆に廃車費用を請求されるケースもあります。


2016-08-30 14:40  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。